スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りの本

おっとあぶない

この本は私の宝物です。
私が小学1年位の時、学研を頼んでいた幼なじみの子が持っていたもので、よく家に遊びに行っては読ませてもらってました。
今どきのキレイ事しか書いてない児童書とは全く違い、「こんなバカな事をする子供は死んでもしょうがない」っていうシュールな内容ですが、子供のころドキドキしながら「こんなことしたらこんな痛い思いをするんだ」「こんな怖い思いをするんだ」と夢中になって読んでました。
私は、こういうものを読んだり聞いたりして、自己防衛本能を確立していった様な気がします

でもこの本は幼なじみの本だし、親にねだっても、もちろん買っては貰えず、そのうち私も引っ越してしまい、
本の事は忘れられないまま高校3年のある日、友達に「昔こんな本があってね、”おっとあぶない”っていう題しか憶えてないんやけど、どうしても欲しかったんよね~」って話したら「それ、うちにあるよ。」と一言。
「古いし少し汚れとるけど、いるならやるよ」って…。すごい衝撃でした。もうあんぐり~でした。

そして頂いたのがこの本3冊…。当時読んでいた本3冊全てが目の前に
思い続けたら願いは叶うんだ!!って生まれて初めて思いましたよ(マジで
あの感激からもう数十年、今も大事な宝物です。
今でもこの本を譲ってくれた友達にはとっても感謝してます7.gif

あの頃はインターネットなんかなかった時代なので、絶対に手に入らないものだったんですが、この前ネットで検索したらアマゾンで売ってました
本当に便利な世の中になったもんだな~と思いましたが、あの当時のあの感動と衝撃はもう味わえないんだろうな~。
そう思うと過ぎ去った日は遠い良き日だったんだな~と、ちょっとしみじみ思いました。

この本は本当にオススメです

スポンサーサイト
テーマ: 本の紹介 | ジャンル: 本・雑誌

「おともだち」

おともだち(箱) おともだち(中)

私の一番お気に入りの本です

高野文子の『おともだち』
学生の頃、モデルの山口小夜子さんが大好きで彼女の写真集を購入し見ていたら、
写真集の最後の方のページで小夜子さんがこの本を紹介していて、すごく興味が湧いたので本屋さんで注文し、この本が手元に届き…それ以降、高野文子の絵やお話の虜になってしまいましたo(〃^▽^〃)o♪

その高野文子作品の中でもこの『おともだち』という本は私の宝物でございます!

第一章『日本のおともだち』・第二章『アメリカのおともだち』と短編物語が数話づつあるんですが、
一番好きなお話が第一章『日本のおともだち』の「春ノ波止場デウマレタ鳥ハ」というお話が大好きで何度も繰り返し読んでました!
日本のおともだち春ノ波止場デウマレタ鳥ハ

大正ロマン漂う絵柄と、今は失われてしまった日本の良き時代に思う存分浸れる秀逸作品です!!


高野文子の漫画はドライでシュール、清らかで潔く、そして淡々としたものが多く、
絵も柔らかな曲線で独特な個性の絵柄です!とにかく可愛い!!
ディズニーの初期の作品(白雪姫など)のあの柔らかでゆっくりと緩やかな動きをふっと思い出させてくれるような絵でもあります。
あまり多くの作品を出されてないようなのが残念ですが、画集なんかが出てくれるといいのにな~と懇願してます。

その他の高野文子の作品です。
絶対安全剃刀 新しい仕事 るきさん
棒がいっぽん 黄色い本


あとネットで見つけた本の付録が高野文子の作品のイラストの手ぬぐいだったので即行で買いました
どこかに飾りたいんだけどな~。
2010.06.19高野文子イラストの手ぬぐい


テーマ: お気に入りの本 | ジャンル: 本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。