スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫のしっぽ カエルの手

『猫のしっぽ カエルの手 
 ~京都大原 ベニシアの手づくり暮らし~』
NHKhiで放送されてる番組です。
昨年から見だしたんですが、一番好きな番組です

16.jpg

築100年にもなる京都大原の古民家にお住まいの、ハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさん。
200種類にもなるハーブのお庭を育てながら、自然と共に手づくりの生活を送っているベニシアさん。
ゆっくりと時間の流れを感じさせてくれます。
本当にこんな風に生活を送れたら…と憧れます。
先人の知恵や人との交流、行動力や感動する気持ちがいかに大切か、
毎回教えてもらってるようで、
毎週心の洗濯をしてもらってるようです


番組の中でベニシアさんのエッセイが読まれるんですが、
この前の放送で流れたエッセイがとても心に残ったので紹介したいと思います。

美 ~beauty~

秋は実りの季節
木の葉が落ちてしおれていくと
人生について考えてしまいます
わたしたちは日々の悩みや心配事で
頭がいっぱいになり
身の回りの自然の美しさに気づかないことがよくあります
真っ青な空に浮かぶ傘のような雲や
秋のコスモスの上を
軽やかに舞う2匹のチョウ
こんな何気ない美しさを
見逃してしまいがちです
太陽は毎日 みんなのために輝き
驚くほど美しい日の出と夕映えを見せてくれます
なのに わたしたちは果てしない考え事で
太陽を雲のように覆ってしまいます
せめて時々は考えることをやめて
思い出しましょう
人生は舞台稽古ではなく
美しく生きる機会なのだと
「美は見る人の目の中にある」
ということわざは
まさに言い得て妙です

ベニシア・スタンリー・スミスさんの素敵なエッセイです。

スポンサーサイト
テーマ: 最近のお気に入り | ジャンル: 趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。